2017年07月19日

大手住宅メーカーの防音室

一部の大手住宅メーカーを除けば、戸建住宅に併設するピアノなど楽器防音室は木造です。

大半が大手建材メーカーの防音材をそのまま張り付けるだけのハリボテに近い空洞だらけの構造です。面密度だけに頼る遮音材にシフトして、吸音材や制振材をおろそかにしている欠陥構造です。

音響も悪く、遮音効果も低いもので、とても音楽教室には使えません。また隣接する賃貸住居部分への音漏れも気になる仕様であり、いったい住宅メーカーは約20年間何をしていたのか?

何も研究せずに、ただ既製品の防音材と石膏ボードを貼り付けるだけの安易な設計・施工を繰り返していたということでしょう。

近年の景気悪化で、自宅に音楽教室を併設する事例が増えており、同時に失敗事例が増えています。
建築士も企業もほとんど努力していないと言えると思います。

とくに致命的なのが固体伝播音の対策がないことです。木造住宅であっても木材を生かす工夫がないので音響も悪く、問題だらけです。
防音相談

不安を感じたら、早目に音響・防音設計の専門家に相談したほうが無難です。
posted by 防音職人チーム at 07:43| 楽器防音室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

マンション天井に防音材を施工したが効果がない

通販サイトの推奨する遮音パネルや防音材を施工業者に依頼して天井に張り付けたが、上階からの足音など騒音はほとんど減らなかったという相談を受けました。

これはマンション二重天井に重量衝撃音が響くもので、その音を小さくするために、通販サイトの「自社の製品を貼り付ければ騒音が遠くから聴こえる感じになり、大幅に軽減できる」という宣伝を信じて施工されたのです。施工した結果はほとんど効果を体感できないということでした。

おそらく、これは低い周波数帯が主成分の重量衝撃音です。これに対しては遮音パネルなどを既存天井面に施工するだけではほとんど効果はなく、騒音が透過してきます。
通常、既存天井の構造を制振構造に改造して、振動音を絶縁するような施工を行わない限り、騒音を大幅に減らすことはできません。

通販サイトの広告は大半が実績のない誇大広告であり、そのようなサイトが広告費用をかけて検索結果の上位を占めています。実例が解説されていないので、じっくり読めば当てにならないのは分かるのですが、藁をも掴む人には責任はありません。
問題なのは誇大広告の通販サイト事業者そのものです。
posted by 防音職人チーム at 08:18| Comment(0) | 住宅の防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

戸建住宅の車騒音は窓と壁の対策が必要

戸建住宅など木造住宅が生活幹線道路沿いに立地すると、車などの走行・クラクションの騒音に悩まされることがあります。

この防音対策のために検索すると、ネット上には「窓を二重にすれば大丈夫」という誇大広告のウェブサイトが沢山出てきます。実際に窓だけに高額な防音製品を取り付けても費用対効果は低いです。
次の事例記事は、窓を二重にしても余り防音効果を体感できなかった相談者から依頼された防音工事の結果です。
戸建住宅の車騒音の防音対策
要するに、戸外から室内に侵入する車騒音の多くは壁と窓を透過してくるので、両方の対策が必要です。窓の専門業者は窓のことしか分からず、壁や天井、床下からの騒音対策には具体的なノウハウを持っていません。それは、彼らは窓のほうが壁よりも遮音性が大幅に低いという前提に立っているからです。

最近の住宅は、窓と外壁の遮音性能はD-25〜30程度と大差ありません。同レベルと考えてよいでしょう。ですから、窓だけ防音対策を行ってもだめなのです。
posted by 防音職人チーム at 10:24| Comment(0) | 住宅の防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする