2017年07月19日

大手住宅メーカーの防音室

一部の大手住宅メーカーを除けば、戸建住宅に併設するピアノなど楽器防音室は木造です。

大半が大手建材メーカーの防音材をそのまま張り付けるだけのハリボテに近い空洞だらけの構造です。面密度だけに頼る遮音材にシフトして、吸音材や制振材をおろそかにしている欠陥構造です。

音響も悪く、遮音効果も低いもので、とても音楽教室には使えません。また隣接する賃貸住居部分への音漏れも気になる仕様であり、いったい住宅メーカーは約20年間何をしていたのか?

何も研究せずに、ただ既製品の防音材と石膏ボードを貼り付けるだけの安易な設計・施工を繰り返していたということでしょう。

近年の景気悪化で、自宅に音楽教室を併設する事例が増えており、同時に失敗事例が増えています。
建築士も企業もほとんど努力していないと言えると思います。

とくに致命的なのが固体伝播音の対策がないことです。木造住宅であっても木材を生かす工夫がないので音響も悪く、問題だらけです。
防音相談

不安を感じたら、早目に音響・防音設計の専門家に相談したほうが無難です。
posted by 防音職人チーム at 07:43| 楽器防音室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする