2017年12月07日

鉛の遮音パネルが防音室に向かない理由

鉛の遮音パネルを施工した木造防音室の相談が時々あります。
音響が悪化したうえに、音漏れも殆ど改善されていないという相談です。多いのがピアノ防音です。

これは以下の理由が主なものです。
・鉛は音を吸収できないので、大半がつなぎ目から漏れる。
・つなぎ目から漏れる音の大半は500Hz以上の音であるが、これはピアノにとって重要な周波数帯である。
・鉛は石膏ボードと同様に反射音が強く、室内の音響を悪化させる。
・鉛は制振性が乏しいので共振を抑えることができないため、音漏れと音響が悪化する。

鉛の遮音パネルのつなぎ目から音漏れしやすいのは、素材そのものが吸音性と制振性がないので、わずかな隙間から音が抜けて行くのです。これは遮音ゴム(合成樹脂)とは性質が異なります。
それに、パネル工法は隙間が出ますので、工法上の弱点と言えます。

木造防音室に鉛を使用するメリットはありませんが、ただ一つ活用方法があります。
それは防音ドアです。ドアをつなぎ目の無い鉛シートで造れば遮音性の高い木製防音ドア製作が可能です。
*問題は過重量になりやすいので、蝶番が歪・緩みやすいことです。
posted by 防音職人チーム at 08:44| Comment(0) | 楽器防音室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする