2014年11月17日

壁の音響調節(防音室)

楽器の防音室の天井や壁に使用する音響調節用の製品に、吸音化粧板というものがあります。ロックウールを圧縮して表面に吸音処理・化粧を施した音響化粧板です。
主な用途は楽器防音室の天井・壁、会議室などの天井の反響調節です。

このうち問題となるのは壁に、この製品を使用した場合、硬いものが壁に当たるとへこんだり、傷がつきやすいという弱点。それと模様替えする際には表面に新たにボードを張ることになり、コストがかかるうえに、音響調節機能が殆どなくなることです。

防音職人では、壁の音響調節に、シージングボードと薄い合板などを重ねて施工することで、適度な響きを確保することに成功しました。クロスを自由に張り替えることもできるので、費用対効果は非常に良いです。
表面に多少物がぶつかっても傷がつくのは表層のクロスだけです。補修も簡単です。

さらに通常の音響化粧板よりも耐久性があります。耐用年数が長いというメリットもあります。
posted by 防音職人チーム at 08:21| Comment(0) | 楽器防音室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。