2015年08月30日

マンション天井の騒音対策と誇大広告

日本音響学会の設計専門家は、通常のマンション二重天井において、重量衝撃音など騒音の主成分である31.5Hz〜63Hz及び100Hz前後の音の対策は、現場に適用できる工法は殆どないと指摘しています。
二重天井そのものが共振体となるため、遮音低下は避けられないと言っています。

低周波を含めた重量衝撃音(子供が走る音・飛び跳ねる音、重いものを床に落とす音 など)の大半は天井裏の空気層を共振させ、天井のボードを同時に振動させて発生するからです。

このため、簡易的な防音施工(DIYを含む)では、マンション天井を透過してくる生活騒音を防ぐことは殆どできません。しかし、防音材などの通販業者は次のような誇大広告をウェブサイトにおいてPRしています。
天井DIY防音誇大広告.jpg

天井に直接張り付けて、振動騒音を簡単に減らすような製品はないのです。あるというならば、騒音の周波数帯を示し、施工完了後の軽減状況を計測した結果をウェブサイト上に公開すべきです。
そうでなければ、まったく信用できません。単なる誇大広告であり、騒音被害者や建築業者の混乱を招くだけです。防音設計など専門家の努力を愚弄するものです。
posted by 防音職人チーム at 09:28| Comment(0) | 住宅の防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。