2016年06月25日

戸建住宅の車騒音は窓と壁の対策が必要

戸建住宅など木造住宅が生活幹線道路沿いに立地すると、車などの走行・クラクションの騒音に悩まされることがあります。

この防音対策のために検索すると、ネット上には「窓を二重にすれば大丈夫」という誇大広告のウェブサイトが沢山出てきます。実際に窓だけに高額な防音製品を取り付けても費用対効果は低いです。
次の事例記事は、窓を二重にしても余り防音効果を体感できなかった相談者から依頼された防音工事の結果です。
戸建住宅の車騒音の防音対策
要するに、戸外から室内に侵入する車騒音の多くは壁と窓を透過してくるので、両方の対策が必要です。窓の専門業者は窓のことしか分からず、壁や天井、床下からの騒音対策には具体的なノウハウを持っていません。それは、彼らは窓のほうが壁よりも遮音性が大幅に低いという前提に立っているからです。

最近の住宅は、窓と外壁の遮音性能はD-25〜30程度と大差ありません。同レベルと考えてよいでしょう。ですから、窓だけ防音対策を行ってもだめなのです。
posted by 防音職人チーム at 10:24| Comment(0) | 住宅の防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。