2018年04月22日

音楽防音室は建物構造に応じた対策が必要

新築でもリフォームでも、木造の音楽教室や練習室を計画・改造するには、まず建物の構造的な特徴や間取り、周囲の環境を分析することが重要です。

木造にもいくつか工法があり、在来軸組工法、ツーバイフォーなどパネル工法、軸組とパネル工法の混合型などバリエーションがあります。
*パネル工法は重低音が共振しやすく、在来工法に比べて特段の配慮が必要
*在来軸組工法は、床補強によって防音効果や音響が向上する利点があります

防音室の計画に大きな影響を与えるのが、近隣家屋の距離です。音は距離によって減衰するので、この減衰効果を考慮すると費用対効果を高めることができます。
*金太郎飴のような分厚い構造ですべてを構築するのは無駄です。

一般的な木造住宅では、過重量で分厚い防音構造は現実として無理です。
とくにピアノは楽器としては、パイプオルガンに次いで大型であり、低周波から高い周波数まで音の幅が大きく、特性の偏った防音施工は効果が低くなります。

現在、防音室を計画中の人は、まず世の中の専門業者が手掛けている事例や工法に関する情報を収集することから始めることが有効です。
木造防音室の事例
薄い防音構造

相談事例と防音室などの現場からのショートリポートも参考にしてください。
木造住宅と楽器防音室

休日などに、じっくりとご検討いただければ幸いです。
posted by 防音職人ウェブマスター at 09:27| Comment(0) | 木造防音室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。