2018年10月06日

防音業界の実情(住宅と防音室)

普通のマンションや木造住宅の生活防音、狭い防音室の設計・工事を見ると、無駄に分厚い構造や意味のない遮音パネル施工など、とても専門家とは思えない内容が氾濫しています。

その理由は次の記事を見ると分かります。
防音業界

民間の専門業者で設計を担当している技術者が専門家ではないことが多く、人材に偏りがあるからです。

既製品を検証しないで、メーカーの申告をそのまま鵜呑みにして使うと、性能不足で問題が起きることがあります。

防音材や一般的な建材は、組み合わせ方や施工手順によって防音効果に大きな差が出ます。
ただ重ねて張り付ければ良いというものではなく、適正な設計施工のマニュアルが必要です。

また、間取りや周辺環境を無視した金太郎飴のような防音工事は無理があり、費用対効果や音響を悪くします。

専門家の設計仕様や工法は、ウェブサイトの実例やコンテンツを見ると大体想像できます。
技術力がコンセプトや実例の説明に表れています。

音楽専門誌に沢山広告が出ていることと、技術力は無関係です。ただ広告費を沢山かけているということを示しているだけです。
通常、広告費など諸経費は、実際の見積りに、その分を上乗せされます。

良心的な事業者は、適度な広告しか使いません。お任せ下さいと、連呼する事業者は避けたほうが無難です。
posted by 防音職人ウェブマスター at 15:07| Comment(0) | 住宅防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。